食糧不足の一つの解決策として期待され、白い容器に大量のキャベツを少ない水で栽培できる水耕栽培として名高い植物工場。

10月25日、東京ビックサイトで開催されたアグリビジネスでは、そんな水耕栽培の技術が多く展示されていた。
しかしそこの展示会では様々な課題と魅力などで差別化を見せていた。例えば水耕栽培のデメリットは水と光だけの栄養価しか与えられない為、栽培されたキャベツは水っぽいという味の課題を抱えた。

展示されていた一つの企業では土による栽培も可能にする為、容器の中に溶液を入れ、土が必要とする分だけの水を吸収する容器の展示を行っている所があった。
その為、土がある事で水耕栽培では出来ない根野菜の栽培も可能にした為、今後の小さい面積での大量栽培の可能性を感じました。

また使用する器具の材質についてこだわっている店舗もあった。野菜は僅かな細菌があるだけで大きさや栄養価が数倍も変わる為、材質にこだわる事で質の良い栽培にも成功している。

このアグリビジネスは日本よりオランダの方が進んでいる為、
日本では現在、生産だけでなく、販売までのチェーンを確立させるまでのビジネスを作りあげており、
今後の農家の収入の増加や新規参入の壁を低くするなどでビジネスチャンスをつかむ予定になっている。

ゴルフレッスンdvd