» 2013 » 3月のブログ記事

1949年(昭和24年)

○ 下山事件
○ 三鷹事件
○ 松川事件

監督/ジヨン・フオード
撮影/ウインドン・ホック
音楽/リチヤード・へイゲマンン、ビク夕-・マクラグレン

時代劇ならチヤンチヤン・バラバラ、西部劇ならパンパンドスンの対決があることが必須条件と信じてきた。
だから撃ち合いの少ないフオードの「高級」西部劇よりB級活劇のほうが楽しかったのが私の少年時代だった。

だが今フォードを見ると、これこそ西部劇、これがホンモノの映画だと手を打ちたくなる。
『荒野の決闘』にしても、西部の街のサルーンを中心に保安官や人々の日常の生活感がにじみ出て、そこから人々の息づかいが聞こえてきそうで、ほとんど郷愁をさえ感じる。

『黄色ぃリボン』のあらすじには、
「1976年。西部の白人達は、一斉蜂起したインディアン種族のために苦境に立たせられた。スタアク砦のブリトルス大尉は老齢のためあと六日で退役の身であったが、最後の奉公としてシャイァン族の掃討作戦を指揮することになつた」とある。

ところが「掃討作戦」そのものはこの映画では描かれない。
『黄色いリボン」をなん度目かに観て思うのは、騎兵隊の砦の日常生活はあるが戦いはなく、したがって先住民との戦闘場面のない西部劇であり、それだからこそ(先住民への偏見も出てこないし)、安心して見ていられるすばらしい映画だということである。

大尉ジョン・ウェインと老軍曹ビクター・マクラグレンのコメディ・リリーフを見ていると、人と人とのつながりの温かさと懐かしさに心が和んで気分が解放され笑いながらも泣きそうになる。
あるいはモニュメントバレーの岩山あたりを騎兵隊が疾走するのを見ただけで胸が熱くなってくる。
こういう映画鑑賞があってもいいし、見る者をしてそんな情感を呼び覚ます力をもつのがフォード映画なのである。

「黄色いリボン」は独り身である老大尉の最後のご奉公とその心象を丁寧に追いかけていて、まるでサラリーマン生活の最後の1週間を人情劇に仕立てたものに近い。
フオード映画の場合、主人公をとりまくのは軍隊の仲間である。騎兵隊は仕事の仲間であると同時に家族でもある。
だから大尉が職業と家族と同時に別れねばならないのは決定的な寂寥をもたらす。
フオードはそこに醸し出される情緒を描いて余すところがなぃ。
フォード西部劇は男の世界を描くものであり、男たちのいささか粗っぽい友情が、人間味豊かにまたユーモラスに讃えられるところが魅力である。
「謝罪はするな。弱さの象徴だからとの台詞が繰り返されるが、それはとりもなおさず男性社会の掟であり、男の人生美学である。

だから女優陣はあまり出る幕がないが、この映画では二人の若い将校がジョーン・ドルー扮する隊長の姪に恋のさや当てをする姿を愛らしく描いていて、これまた男の側からの描写になっているのを気にしなければ、やはり心が和む。

ラストで「格好は汚くて、歴史の1ページにも登場しない兵隊が戦った土地がアメリカ合衆国になったのである」とのナレーンヨンが入つて、フオード流の愛国心が表明されるが、このような素朴なアメリカ礼賛はもう現在の好戦的なアメリカ映画からは見えてこない。
アメリカの現実がそんな素朴さを失ってしまっているからであろう。

車売却査定

ホタル

| 平成の映画 |

2001年(平成13年)
○ イチローマリナーズ入団・大活躍
○ 狂牛病発生
○ 米同時多発テロ

監督・脚本/降旗康男
脚本/竹山洋
撮影/木村大作
音楽/国吉良-
出演/古同倉健、田中裕子、井川比佐志、奈良岡朋子、小澤征悦、小林稔侍、中井貴-、夏八木勲

2001年、ホタル製作委員会、114分

敗戦直前の特攻隊生き残りを演じるのが高倉健。
生き残つた仲間の井川比佐志が昭和天皇の死に殉じるとの遺書を残して自死する。
センチメンタルな復古調かと思いきや想像しない方向に展開する。

高倉の老妻田中格子にはかって特攻隊員として米艦に突撃して戦死していた恋人がいた。
彼は朝鮮人だが、大日本帝国の特攻隊員として死んでいつた。朝鮮人青年の心情が‥想シーンではっきりしてくる。
彼は日本のために死ぬことには納得できず、朝鮮にいる家族と日本人の恋人のために死ぬとみずからに言い聞かせて米艦に突撃していった。
祖国の歌「アリラン」を歌い「朝鮮万歳」を叫んで自爆した。一回限りの人生をみずからを虐げ
理不尽な支配を強いた日本の軍国植民地主義の特攻機に乗って死ななければならなかった異国の若者の無念が見る者の胸に迫る。
高倉・田中夫妻が現代の韓国に渡り、遺族}に彼の最期を伝え朝鮮人としての誇りをもつて死んだと報告する
ラストが印象に残る。『鉄道員』(ぽっぽや)同様、木村大作のカメラはすばらしい映像を見せてくれ、
桜島や開聞岳や鹿児島湾を、また雪の八甲田山をみごとに写し撮つている。
過去回想は白黒撮影で臨みながらホタルの光には部分カラーを施して技法的実験もしている。
だが、韓国で遺族と対面するラストシーンはぶっきらぼうな無技巧のカメラ操作を貫く。
朝鮮語を日本語字幕にせず、通訳の言葉で意味がやつとわかる。翻訳されるまでの「間」の取り方が絶妙で、
日本の戦争責任に思いを致さざるをえない。演出の計算が行き届るというべきだろう。

特攻隊員たちを息子のように可愛がり戦後も彼らの慰霊に生涯を費やした老女(奈良岡)が言う。
「特攻隊員を忘れてはならない。若者から夢と楽しみばかりか命さえも奪いとった戦争について、
後に続く若い人たちに語り継いでほしい」。全体のトーンは実に静かであるが、戦争が現代でも人の心をますます深く傷つけているのを教えてくれる。
ここにきて、井川比佐志が昭和に殉じたことの反語的音意味がやつとわかってくる。
同じ降旗=高倉=木村のトリオで撮った『鉄道員』はノスタルジーだつた。
対するに『ホタル』もいっけん哀切の調子に満ちている。
だが降旗演出は『鉄道員』をはるかここえる硬質の主張を画面の奧に秘めているのを見落としてはならない。
静かで「平和な」現代日本は、日常の裏側に過去の「影」を背負つている。
日本の侵略や従軍看護婦の事実を隠蔽するどころか
事実無根のように考えさせるような政治的な力がいかに欺瞞に満ちるかを作者たちは暴こうとしている。

個人の生き方だけが課題となる社会や国家は脆弱である。それは逆の、国家や全体のために個の願や望みを圧殺する社会の危うさと同質であろう。
老若男女がバランスよく共同できるとともに個と社会が相互作用できてこそ、シニアは安心して老いることができるはずだ。
若い世代の政治離れ社会的無関心が心配されるが、それは大人の責任であり、戦争を知るシニアは非戦反戦を語り続けねばならないのだと痛感する。

1993年(平成5年)、中高年雇用福祉事業団=オプ卜コミュ二ケーシヨン=スペース・ムー=テレビ東京、100分

○ 皇太子が小和田雅子と結婚
○ 細川連立内閣発足
○ 北海道南西沖地震、奥尻島などで被害

監督・脚本/市川準
原作/山崎章郎
撮影/小林達比古
音楽/板倉文
出演/岸部一徳、塩野谷正幸、七尾伶子、山内明

ぶっきらぼうな据えっぱなしのカメラで病室のベッドを横から写し続け、患者が寝ている姿をとらえるだけ。
ときどき医師や看護師や見舞客がやってきてもカメラは一切動かない。
数メートル離れたところから撮影しているから人物の表情もわからない。結局、医師役の岸部-徳以下の登場
人物は、ほとんど見分けがつかない感じで終わつてしまう。稀にみる実験的で独特の映画技法を持ち込んでいる。
脚本・演出の市川準は、「病院で死ぬ」人たちに感情移入をしないようにしなければ、重いテーマを消化できないと考えたのだろう。
お涙頂戴のセンチメンタルなドラマを避ける意図はこのあたりでよくわかるが、突き放したカメラがいつそう病気と闘う人たちの心象の真実を伝えるだろうとの計算もむろんある。
何人かの主要な患者がいる。一人目は、大腸癌をわずらつた老夫だが、
老妻は肺癌のために違う病院で手術を受けている。老夫は、妻と自分の最期が近いことを知って妻に会いたいと願い、それが実現する。夫は言う。「お前と出会えたこの人生に感謝するよ」。
カメラが遠くから見つめているから夫婦の表情がうかがえないことが、なおさら老夫婦の気持ちを観客に伝えることになる。アップで悲しみを大写しすることが心理描写に最適であるとは限らなぃのである。
二人目は、胃潰瘍とだけ知らされて入院した老女。二回の手術をしても治らないばかりか癌はもう手の施しようがない。本当のことを教えてほしいと懇願するが医師は最後の最後まで癌とは言わない。
1993年の映画だが、日本では非告知から告知主義ヘの移行時期あたりだったのか。良心的医師は、結局は口当たりのいい言葉でウソをつかねばならない。だが、「がんばりましよう。絶望ではありません」と百回繰り返しても患者の心は癒されない。「私はバチがあたつたのか」と老女の叫ぶ姿が痛ましい。
三人目の男性が中心となる。40代の働き盛りで手術をしたが癌部位を摘出できなかつた。患者は丁重な挨拶をして退院していくがすぐさまの再入院。末期だからたなす術がない。癌だろうと自問しつつ絶望と自棄に陥つていく患者。
医師は「冷静になれ」と繰り返すがもう信じない。やっと医師が告知する。「希望を捨てないで共に戦いましよう」。患者は、病院ではなく家で死にたいと訴える。医師のモノローグが聞こえてくる。
病院は人の人生にはじめから必要なものとして位置づけられた場所ではない。仕方なく入院してきたのだから、生活の場としての自宅で家族に見とられながら死ぬ権利はあるはずだ云々。患者はひととき家に戻り、子供達と寝食をともにし、「もうひとふんばりするために」また病院に戻ってくる。そして最期を迎える。子供にあてた最後の手紙の朗読が流れて映画は終わる。
「死を乗り越ぇることができるのは勇気でも諦めでもない。愛なのだ。愛としか言い表せないものが、この世には確かにある。そんな広くて豊かな心のある世界に、しばらでも生きているニヒが出来たニとを幸せだと思うよ。お父さんは、心の底からお前達を愛している」。
これで得心したわけではないが、ターミナルケアがどうあるべきかの問題提起にはなっていよう。

1962年(昭和37)、日活、モノクロ 100分
○ キューバ危機 
○ 南極から樺太犬タロー帰国

監督・脚本 浦山桐雄
原作 早船ちよ
主演 吉永小百合、浜田光夫、東野英治郎、望月優子

中学3年の主人公ジュン(吉永)が初潮を迎えるシーンがあるが、
揺れ動きつつ成長する主人公の姿をみずみずしく描いた青春映画の秀作。
ラスト、ジユンは貧しさのために有名進学校を諦めて夜間定時制へ進む決意をする。
だが「諦め」ではなくもっと主体的で積極的な生きる方向を見つけたのだ。
彼女は宣言するかのように言う。
「一人が五歩前進するよりも、10人が1歩ずつ進む方がいい」。

吉永は女優としての決定的イメージをこの作品で創りあげたが、
それはアウト口ーをもっぱらとした日活青春映画のもう1つのイメージを清別に提示したという意味ももつ。
この映画で多くの小百合フアン、いわゆるサユリストを生み出した。

・・ジユンと弟の親友である在日のヨシ工とサンキチか「新国家建設中の北朝鮮」へ帰国するのを送り出すところが全編の要になり、
それを日朝連帯の確認として作者(浦山、今村、早船)は擁護しており、
その是非については40年後のいま歴史的に問われているが、
祖国で国づくりに希望を託す子供像は色あせずに普遍的に描ききられている。
歴史的事実の評価や総括がどうであれ、名画は風雪に耐えているのである。